デモトレード準備編

「イキナリ資金を使って取引するのは怖い・・・」

そういった方もきっと多いと思います。

そんな時に考えるのが、「低資金の取引」か「デモトレード」です。

初めての取引でも株の個人取引などに慣れた方なら、低資金で始める方法でも問題ありませんが取引の方法や注文から学びたいなら、デモトレードが最もオススメで、今はFX業者各社がデモトレードを準備していますが、それぞれに特徴があって扱いやすさも様々・・・。

正直どこのデモトレードを使おうか迷ってしまうほどです。

デモトレードにはメリットも多いのですが、デモと実際の取引は大きく違う事も知っておきましょう。実際の取引を行う時はデモトレードの時よりも証拠金も少なくなり、常に証拠金とロスカットを意識して取引する事になりますから、「デモトレードでは勝ってたのに、なぜか本番で勝てない・・・・」というのもよくある話です。せっかくの仮想体験ですから、仮想体験で学んだ事を実際の取引に活かせるようにしていきたいですね。

デモトレードは何が出来る?

デモトレードは当然仮想の資金の範囲で取引体験が出来るものなので、やはり機能は通常の口座に比べて制限されている場合がほとんどです。ですが、実際の取引で行う注文方法や手数料を体験する事が出来ますし、レートやチャートにも慣れる事が出来るので、本番の注文時に戸惑ったり、ポジションを持ったは良いが、決済の方法が分からず大損・・・・なんて事もデモ口座で取引に慣れておけば未然に防ぐ事ができます。


では、デモトレードで出来ない事は何か?

デモトレードではFX業者によって差がありますが、入出金機能はもちろんの事(仮想資金なので)チャート機能が使えない場合や市況情報などが使えない場合、特定の売買シグナル系のツールが使えなかったりと「潤沢な資金」はありますが、反面チャート機能や情報ツールがまったく充実していない事がほとんどです。

これはチャート機能などサーバーに負荷が掛かるものや本来有料の情報を本口座を持っている会員向けに無料開放している為なので、ある意味仕方がありません。

そういったデモトレードのデメリットも踏まえて重要なのは
「取引環境を本番と同様にする事」です。

これはデモで培ったノウハウが本番でも通用するかどうか?と言う事につながります。

なぜ取引環境を近づける必要があるのか?ですが、デモで結果が出ても本番で結果が出せない方の多くの原因に、証拠金金額や取引環境が変わる事にあるからです。

取引環境を本番に近づける方法は2つ。

一つ目は「操作が分かりやすいデモ口座」「本物の口座にあるチャートと為替情報」の両方を用意する事。二つ目はデモ口座にある潤沢な資金を実際に用意する予定の資金に制限して取引する事です。

これら2つの準備をする事で、より正確な自分のトレード実績が見えてきますし、本番環境になっても使っていたチャートと為替情報をそのまま使い続ければ良いので、迷う事もありません。デモトレード口座内には300万円〜500万円の証拠金があって、普段出来ないトレードを資金を気にせず実行出来てしまうので、本番では決して行わない様な取引をしてしまう方も結構たくさんいらっしゃいます。

実際には決して行わない取引を繰り返していても意味がありませんから、本番と同様に実際の資金を使っているつもりで取り組んでみましょう。本当はデモ口座の資金を自分で設定出来れば良いのですが、資金設定が出来るデモ口座はないので自分で制限するしかありません。

実際にデモ口座と本口座はどう選べばいい?

初めてFXに取り組む方であれば、デモ口座は何よりも取引画面の分かりやすさ、そしてチュートリアルや丁寧なヘルプがある事です。注文時には「マーケット」や「指値」、「IFD」など専門用語がたくさん出てきますから、それらを解説しているヘルプなりがあると助かります。個人的には「外為どっとコム」のデモ口座が使いやすく、ヘルプも付いているのでオススメです。他にもありますが、下の「オススメのデモトレード一覧」で紹介しているので、そちらを確認してください。

最初はスプレッド条件や注文スピードを体験できるデモ口座よりも一つ一つ確認しながら注文するようなデモ口座の方が取引の理解は早く進むものです。最初から色々省略して注文できてしまうと、何が省略されているのかも分からないままですからね。

そして本口座ですが、こちらは何と言ってもまず情報量です。そして次にチャート機能や最近人気の売買シグナルツールです。どちらもデモ口座で本番同様の環境にする為なので、スプレッドなどの取引コスト条件はこの際考えなくても構いません。ただ多くのFX業者は口座維持手数料も要りませんが、取引しなくても1万円程度を口座に入金しておかないとチャートなどで機能制限がある場合もあるので注意。

もしテクニカルを覚えていきたいなら「売買シグナル系ツール」を備えた本口座なら覚えも早くなると思うのでデモと組み合わせて使えば、自力で取引しながら覚えるよりもずっと早いと思います。チャート機能面では本口座であれば、大抵どの業者を使ったとしても十分な機能がありますが、あまり高機能すぎても最初は扱いにくいだけですよね。なのでシンプルな方が良いと思います。

「情報充実」「扱いやすいチャート」「できれば売買シグナルツール」・・・以上の3点を目安に本口座を選ぶと、デモと同様に「外為どっとコム」、そして売買シグナルのある「FXプライム」あたりがお薦めです。どちらも口座開設のキャンペーンを行っているので、デモで慣れたら少しだけ本口座のキャンペーン条件を満たしてキャッシュバックを貰っておけば、本番の時の資金にもなります。

どちらも本番に移行した際も優良なFX会社なので、作っておけばデモ時だけでなく実際の取引を始める時にもすぐに活用できます。

サイト内でこれら二つの口座のチャート画面のキャプチャがありますので、
印象程度ですが、そちらも参考にして見て下さい。

■外為どっとコム詳細へ(当サイト内です)

■FXプライム詳細へ(当サイト内です)
■FXプライムの「売買シグナル」特集ページへ(当サイト内です)

実際の取引口座となりますが、マネーパートナーのFX nanoだと、取引の最小単位が100通貨と通常の1/100で取引できる口座なのでリアルな感覚で取引を学んで行きたい方にはデモよりもオススメです。

■マネーパートナーズ「FX nano」特集ページへ(当サイト内です)

高機能+カスタマイズ性に優れたデモトレードを使ってみたいなら

デモ口座を使って取引自体を学んで行く事はとっても重要です。そして、いずれはテクニカル分析を覚えて、自分なりのシグナルや自動売買をシステム化していきたい・・・そんな風に考えている方もきっといらっしゃると思います。

そこでイキナリ最初から使いこなすのは難しいですが、テクニカル上級者を目指して取引するのに最適な「Deal book360」のデモ口座を紹介したいと思います。

FX会社のGFTが提供しているツールですが、デフォルトで用意されている85種のテクニカル分析を自分なりにカスタムしたり、オリジナルの売買シグナルを作成する事も出来る非常に多機能ツールとなっています。しかも、このツールを使う上で分からない事があれば、担当者に質問しながら使い方を学んでいく事も可能になっています。

また「Deal book360」はデモ口座でも各種ツールの使用や取引画面のカスタムも可能になっていて、デモで利用したカスタムデータをそのままのライブ口座に反映する事もできます。

このツールは、取引方法に合わせたカスタマイズの自由度から世界中のデイトレーダーやテクニカル中心のトレーダーに人気のツールなので、高機能なトレードツール、チャートを使って取引をバリバリしていきたい・・という方に最適なので、是非チェックしてみて下さい。

デモ口座をお申込みいただくとGFT為替リサーチディレクターであるキャシー・リーエン監修の「FX入門ガイド」が無料でダウンロードできます。

更にはデモのお客様に対しても、FXに精通したスタッフがFX取引についてトレーニングを提供し、お客様がお取引に慣れるようにきめ細かくサポートしてくれるのもGFTの魅力です。

■「Deal book360」デモ口座(公式サイト)

「Deal book360」についてはサイト内でも詳細ページがありますので、そちらも参考にして頂くと良いと思います。

■「Deal book360」詳細(当サイト内です)

オススメのデモトレード一覧

外為どっとコム 【外為どっとコム】
FX専業の口座数No1の外為どっとコムのデモトレードです。取引用語の解説付きで、注文画面は一つ一つ入力が必要ですが、取引の種類や意味を覚えるには最適のデモ口座です。
詳細
FXフィナンシャル 【FXトレードフィナンシャル】
低コストが魅力のFX業者で、通常口座とほぼ同等のデモ口座。本格的にデイトレードを始めたい方にオススメのデモ口座です。
詳細
GFTデモトレード 【GFTデモトレード】
自動売買(ATS)の作成も可能なDealBook 360をデモで使用が可能に!自由度の高いツールならココ
詳細

関連エントリー

タイプ別に選ぶFXの始め方
デモトレード準備編
少額取引準備編
相談窓口準備編
FXライブ
固定スプレッドランキング
当サイト限定キャンペーン

当サイト経由でスター為替のくりっく365口座を開設して取引すると、1万円分の手数料キャッシュバッククーポン券が貰えます>>>>>詳細

タイアップキャンペーン
FX業者を比較
総合比較
信託保全・会社概要で比較
通貨ペア数・スプレッドで比較
入金・レバレッジを比較
各種サービスで比較
注文機能で比較
FX人気ランキング2009 FX総合力 人気No.1マネーパートナーズ 2位以下はこちら 初めてのFX 人気No.1 GMOクリック証券 2位以下はこちら金利重視取引 人気No.1セントラル短資FX 2位以下はこちらコスト重視取引 人気No.1DMM FX 2位以下はこちら くりっく365 人気No.1スター為替 2位以下はこちら
ワンコインFXトレード
確定申告
FX初心者入門
為替の仕組み
FXの基本
FXのメリット
FXの取引を始める前に
FX業者の信頼性の判断
FX業者を選ぶポイント
FX何でもFAQ
FX取引を学ぶ
ファンダメンタル分析
テクニカル分析
FXのリスク管理
FXの注文方法
万一に備える入出金
FX業者ランキング
初心者のFX口座ランキングBEST5
スワップ派FX口座ランキングBEST5
デイトレ派のFX口座ランキングBEST5
FX業者紹介
ひまわり証券
FXトレーディングシステムズ
外為どっとコム
FXプライム
フォーランドオンライン
TRADERS FX
GFT 東京支店
ヒロセ通商
外為ジャパン
セントラル短資FX
FXonline Japan
サイバーエージェントFX
マネーパートナーズ
マネックスFX
マネー・スクウェアジャパン
外為オンライン
EMCOM証券
DMM FX
GMOクリック証券
フォレックス・トレード
くりっく365取扱業者
スター為替
インヴァスト証券
小林洋行 FXメジャーズ
Copyright © 2008 FXの初心者向け入門講座. All rights reserved