投資信託

最近は銀行などの窓口でも投資信託の案内を見かけるようになり
個人の投資家の人気となっています。

では、投資信託とはどんな金融商品なんでしょうか?
投資信託の性格や運用方法、ポイントを絞って紹介します。

投資信託は安全?

銀行の窓口で売っているから「安全で信用できる」投資なんだろうと
考えて投資信託を希望する方もたくさんいらっしゃいます。

投資信託は販売している銀行や証券、運用する運営会社、
資金を管理する信託銀行でなりたっています。

つまり実際に運用するのは運用会社であって銀行ではないんです。
銀行の預金は元本保証型で預けたお金を失う心配はありませんが、
そのイメージで投資信託を捉えるのは間違いです。

投資信託といっても、投資先(投資対象)によって元本に対する
リスクも異なり、たくさんの種類があります。
それらの種類を把握してリスクやリターン、投資期間について
簡単に知っておくと良いでしょう。

投資信託の性格

投資信託には大きく分けて「株式型」「債権型」「ミックス型」など
があり、それぞれも更に細分化される事があります。

基本的に株式型の場合は債権型に比べてリスクとリターンは若干
高くなり、ミックス型はその中間になります。

次にリスクの高さは個別の投資対象でも変わってくるので・・・

●大型・インデックス銘柄中心の株式型投資信託
           ↓
      リスク低・リターン低

●小型・中型・店頭株式中心の株式型投資信託
           ↓
      リスク中・リターン中

といった様に同じ株式型の投資信託でもリスクやリターンが
変わってくるので信託の投資対象は見極める必要があります。

投資信託を決める場合は投資信託の投資対象が株なのか?
債権なのか?、国内なのか?海外なのか?又その割合などを
チェックした上で決めていく必要がある訳です。

投資信託を運用している会社

実際に利益を出す為にお金を運用しているのは運用会社です。
運用会社とはよく「〜アセットマネジメント」とか言われる様な会社
の事で運用会社のファンドマネジャーが資金を運用します。

実際に私たちは銀行や証券の窓口で商品の説明を受けますが、
実際に運用するファンドマネジャーに会う事はほとんどありません。

ですが、証券会社等の資産運用セミナーなどでファンドマネジャーが
講演をしている場合などがあり、ここでは参加者が質問したりする事
が出来たりするので、運用している人に会ってみたい場合は
こうした機会を利用するのが良いと思います。

投資信託を決める場合は投資対象ももちろんですが、
運用に対する利益についてはファンド選びが中心です。
ファンドの選び方は実績などから投資会社を選ぶ必要がある訳です。

<投資信託の手数料>

投資信託は集めたお金を、プロの投資家が判断して運用する以上は
手数料が掛かってくる事になります。

販売している証券会社・銀行の販売手数料、投資会社の委託手数料
などが投資信託を購入する際に必要になります。

最近は販売手数料である初期の手数料を無料とする場合がありますが
運用する投資会社に掛かるプロへの委託手数料は毎年掛かります。

つまり、利益があるなしは別として一定の手数料は毎年掛かる事に
なるので、すべての手数料が無料になる事は無いんですね。
手数料についても投資信託購入時には考慮しておきましょう。

投資信託の投資期間は?

一般的ですが、若干リスクの高い「株式型」の場合は長期で
低リスクの「債権型」の場合は中期で考えると良いと思います。

理由は株式の場合は短い期間では相場の変動リスクに対して
安定した利益が出にくい為で、債権ほど短期で安定しない事が
理由になってきます。

投資信託は定期預金で言う所の満期があるので投資期間も
投資信託を選ぶポイントになってきます。
投資信託には1年程度の商品から無期限のものまであり、
期間についてハッキリしない場合は、確認が必要です。

株式型の投資信託であれば5年以上10年程度を見るのが良いと
思いますし、債権型であれば5年程度で考えます。
目的の決まっている短期の資金の場合、元本のリスクを考えると
銀行の1年定期などの方が良い場合もあります。

自分の資産の目的や期間も考慮して投資対象などを決めるのも
投資信託を決める際に有効です。

投資信託にはいくら必要?

投資信託は1万円から始める事が出来ます。
低額からの投資が出来るので、投資信託を更に分散して投資する事
が可能な訳です。

まず投資信託を慎重に選ぶといっても、投資の性格を理解するには
経験が必要な事もあるので、投資信託を決める際はまず低額で
投資信託を購入してみる事も良い方法です。

購入してみると、次はどういった性格の投資信託が必要なのかが
見えてくる事もあるので、「習うより慣れろ」じゃありませんが、
まずは始めてみる事も考えてみましょう。

FXライブ
固定スプレッドランキング
当サイト限定キャンペーン

当サイト経由でスター為替のくりっく365口座を開設して取引すると、1万円分の手数料キャッシュバッククーポン券が貰えます>>>>>詳細

タイアップキャンペーン
FX業者を比較
総合比較
信託保全・会社概要で比較
通貨ペア数・スプレッドで比較
入金・レバレッジを比較
各種サービスで比較
注文機能で比較
FX人気ランキング2009 FX総合力 人気No.1マネーパートナーズ 2位以下はこちら 初めてのFX 人気No.1 GMOクリック証券 2位以下はこちら金利重視取引 人気No.1セントラル短資FX 2位以下はこちらコスト重視取引 人気No.1DMM FX 2位以下はこちら くりっく365 人気No.1スター為替 2位以下はこちら
ワンコインFXトレード
確定申告
FX初心者入門
為替の仕組み
FXの基本
FXのメリット
FXの取引を始める前に
FX業者の信頼性の判断
FX業者を選ぶポイント
FX何でもFAQ
FX取引を学ぶ
ファンダメンタル分析
テクニカル分析
FXのリスク管理
FXの注文方法
万一に備える入出金
FX業者ランキング
初心者のFX口座ランキングBEST5
スワップ派FX口座ランキングBEST5
デイトレ派のFX口座ランキングBEST5
FX業者紹介
ひまわり証券
FXトレーディングシステムズ
外為どっとコム
FXプライム
フォーランドオンライン
TRADERS FX
GFT 東京支店
ヒロセ通商
外為ジャパン
セントラル短資FX
FXonline Japan
サイバーエージェントFX
マネーパートナーズ
マネックスFX
マネー・スクウェアジャパン
外為オンライン
EMCOM証券
DMM FX
GMOクリック証券
フォレックス・トレード
くりっく365取扱業者
スター為替
インヴァスト証券
小林洋行 FXメジャーズ
Copyright © 2008 FXの初心者向け入門講座. All rights reserved