FXの取引を始める前に

FX初め

FXの取引を始めるにあたって「なぜ今FXなのか?」また為替と経済の
関わりやレートの動く要因や他の投資とFXとの違いについて、
難しく考える必要はありませんが、簡単に知っておきましょう。

FXを始める理由

日本は長く長期間に渡って低金利政策を取ってきました。
円キャリートレードと言われる様に円を売って外国通貨を買えば
金利差を受取る事が可能なので、活用されてきました。

現在でも日本の景気が回復し、金利が上がったといっても
諸外国の金利に比べればまだ低いのが現状で、この傾向は
まだしばらくは続くと見られています。

日本の金利が低いと言うのはつまり「銀行に預けてもムダ」とも
言える訳ですから、銀行利息がほとんどない状態が続いています。

下手をすれば銀行の利息より、振込みや引き出し手数料の方が
高く付いているのが日本では常識になってしまっています。
更にペイオフ解禁で一千万円までしか保証がない訳です。

ならばいっそ預けない方が得かと言うとお金を自宅に置いておく訳にも
いきませんから、どこかに預ける必要が出てきます。
そこで外貨預金などがある訳ですが、金利は確かに大きくて預ける
意味も出てきますが、手数料と為替リスクが問題になります。

外貨預金では満期を待たなければ金利を受取れずに解約も簡単で
ない為に為替の変動には柔軟な対応性はありません。

そこでFXが出てくる訳です。
FXは手数料が低く、外貨を持った場合の金利は銀行預金よりも
高い為にレートの変動がなければ、優秀な預金先です。
また為替の大きな変動が見込まれる際にも決済は簡単ですから
外貨預金よりも柔軟性が高いと言えます。

今後も日本は貯蓄から投資へシフトしていく事が予想されるので
税制面を含めて資産運用には投資に対する知識が必要になって
くる可能性が高くなります。

こういった流れからも少額から取引が可能なFXは投資の第一歩
として参加しやすく、有利な投資方法として現在人気になっている訳です。

為替と株価の関係

為替レートは輸出企業、輸入企業に関わらず日本全体の景気を
左右する指標です。
輸出企業の代表格である自動車の場合、1円のレート変動で
数十億〜数百億の利益を失うと言われています。
これは当然株価にも影響し、それが日経平均を下げる要因にも
なっていく訳です。

もちろん円高によって利益のある企業もありますが、日本の場合は
輸出企業の方が多い為に円高はマイナス材料となります。

こういった様に株と為替は密接した関係があり、
日中の日経平均株価と為替レートが連動する事もありますから、
為替には、株価の動向も重要だと言う事です。

レートは予測で動く

毎日の様に発表される経済指標によって為替レートは大きく
変動していきます。
経済と為替が密接な関係を持っている以上は経済状況を示す
経済指標は為替の材料として扱われる訳です。

そういった経済指標には予測値というのがあり、この予測は
プラス材料でもマイナス材料でも発表される時点では市場に
とって受け入れられたものとして扱われています。

ならばなぜ発表時に大きく為替が動くかと言うと、
この予測値に対して発表が大きくずれる事がある為です。

要は「予想よりも良い内容だ」とか「予想よりも悪い内容だ」と
なれば、市場は強く反応します。
常に市場は一歩先を予測して動いている訳です。

こういった市場の思惑と現実のズレは良くある事なんですが
取引をしていて突然レートが跳ね上がったと焦らないように
事前にいつ発表があるのか、予測値はどうなのかをしっかり
チェックして置くようにする事も大事です。

地政学リスクと為替

地政学リスク

地政学リスクというのは主に戦争やテロに関わるリスクの事。
一般的に戦争が起これば、経済不安を招いてレートは下がります。
またテロの場合も関係国の通貨は下がります。

懸念されると言うだけでも市場では反応するので、
テロ予告されると言った場面でもレートは反応します。

多くの場合は一時的な変動となりますが、
場合によっては長期間レートが戻らない場合もあるので
こういったリスクもある事を知って置いて損はないと思います。

各国の要人発言

地政学リスク

各国の金融政策を担当する要人の発言は為替レートを左右する事が
多々あるので、これにも注意が必要です。

金融政策を決定する会合の場や講演など、金利や為替介入など
今後の金融政策に対する考えを述べる事がある為に市場は
これを折り込む形で反応します。

要人の発言は突然の場合もありますが、事前に分かる場合が
あるので経済指標同様に事前にチェックして置く事が重要です。

外貨預金とFXの違いとは

よく比べられますが、外貨預金とFXの違いは大きいです。
幾つかポイントを絞って紹介します。

■少額の資金での運用

投資・預金をする上で必要なのは資金です。
利益に対してどれだけの準備金が必要なのか、
つまりは資産の運用効率を考えて置く必要があります。

同じ100万円を投資に使うと考えた場合。
100万円を一箇所に投資してしまうと、その資産は当然その一箇所の
運用の成否に掛かってくる事になってしまうので、同じ100万円でも
数箇所に投資する方がリスクの分散に繋がります。

これを外貨預金とFXに当てはめて考えてみます、
円を外貨(ドル)に替えて為替差益を比べてみると・・・

★1ドル/110円から1ドル/120円にレートが替わった際の元本と利益

外貨預金の場合
1万ドルの預金で必要な日本円は110万円
利益は10万円

FXの場合
1万ドルの取引で必要な日本円は1万円〜10万円程度
※レバレッジが10倍〜100倍の場合
利益は外貨預金と同じ10万円

つまり10万円の利益を得るのは同じでも必要になる現金は
大きく違う事になる訳です。
資金が残れば、株や他の投資に資金を充てる事も出来るのですから
資産を有効に分散投資出来る事になります。

■外貨預金・FXそれぞれに掛かる手数料

外貨預金と言えば海外の銀行に預ける感覚の方もいらっしゃると思います。

「銀行にお金を預けるのに手数料はいらないでしょ」

こう考えているとしたら、それは大きな間違いです。
外貨預金の場合、あまり手数料に関しての表記がありませんが、
各国の通貨ごとに高い手数料が掛かってきます。
日本円を海外の銀行に預ける訳ではなく、日本円を海外通貨に替えて
その外貨を預金する訳です。

ですから両替手数料が発生する為に大きな手数料が掛かります。
具体的な手数料はおおよそ為替レートに1円〜8円程度上乗せされます。
つまり米ドルを例にすると・・・

★1万ドルの取引に掛かる手数料

外貨預金の場合
1万ドルの預金をするとして、1ドルあたり2円の手数料が掛かると
2万円の手数料が掛かります。

FXの場合
1万ドルの取引で掛かる手数料は0円〜数百円と言った所。

現在は多くのFX業者で手数料0で取引する事ができます。
例えどんなに高金利であっても手数料が高くては手数料分の金利を
得るまでにそれなりの期間が必要になってしまいます。
期間が長くなると言う事はそれだけ為替変動リスクを抱える事にもなります。

■得られた金利をいつでも出金できる

外貨預金の場合は基本的に途中解約が出来ない為に
金利分の利息は満期時に受取る形となりますが、
FXの場合は常時(毎日)スワップ金利を受取れるので
金利分のお金をいつでも引き出す事も可能です。

■期日にとらわれない取引が可能

外貨預金の場合は基本的に満期を待つ形になる為に
円安、円高などの市場の動向に対応する事が難しいというのも
外貨預金の大きなデメリットです。

当然ですが金利がいくら大きくても為替が大きく変動した場合の
損失を埋められる程の金利はどの通貨でも得られません。
ですから今現在が円安で、為替差益を得られるから日本円に戻したいと
考えたとしても、満期時にしか金利が受取れずに歯がゆい思いをする事になります。

FXの場合は24時間毎日の取引(基本的に平日)が可能ですから
円安のタイミングを見てドル買いのポジションをいつでも解消できます。
そういった市場の動向にも対応していける点はFXの有利な点です。

株とFXの違い

株取引とFXを比較する上で6つのポイントを紹介します。

■株・FXそれぞれに掛かる手数料

株の取引手数料については証券会社によって違いはありますが
●10万〜20万未満の少額取引無料
●1日の約定代金に応じた手数料
●定額制手数料で取引回数制限あり
おおまかに上記の手数料形態が一般的です。

FXの手数料の場合は手数料が無料の業者も多く、
取引金額での手数料を単純に比較すればFXの方が手数料は
掛からないかもしれませんね。

■株・FXの取引可能時間

●株の取引の場合
平日の前場午前9時〜11時 後場午後12時半〜15時

●FXの場合
基本的に平日の24時間
※業者ごとに早朝1時間程度は取引不可

サラリーマンの方など平日に仕事を持つ方にとって株取引は
デイトレよりもファンダメンタルを重視したスイング、
長期保有が主体になる事だと思います。

FXの場合は18時以降など、アメリカの市場や各指標が出る事から
海外では活発に為替取引が行われていますから、
十分にチャートを見てデイトレードも可能です。

■株・FXの取引期限

株の現物取引で保有する場合は保有銘柄が上場廃止にでも
ならない限り保有し続ける事が可能です。
※市場での売買が出来なくなるだけです
株の信用取引の場合は業者によりますが、決済期限があります。
またそれぞれの銘柄において一日の値幅制限もあります。

FXの場合は決済期限はありません。
また24時間の取引ですから値幅制限といった事もありません。
ですから、ポジションごとにロスカットを設定しておく等が必要です。

■株・FXのレバレッジ

株取引のレバレッジは信用取引で通常は3倍程度です。
FXの場合は業者や口座ごとに違いはありますが、約10倍〜400倍。
レバレッジが大きい方が良いという訳ではありませんが、
効率を考慮すればFXの方が有利かもしれません。

■株・FXの変動性やリスク

株・FX共に政治・金融・地政学リスクを抱えています。
それらリスクによる変動リスクは株もFXも同じです。
ただ株取引の個別銘柄の場合は良くも悪くもその銘柄の業績しだい。
銘柄によっては突然の上場廃止となり、連日のストップ安から売却不能に
なる事もあります。
もちろん通貨にもそういったリスクはあるのですが、対象は国ですから
企業よりも信用性は高いかもしれませんね。

■株・FXの配当や金利について

株を保有している場合は配当金を受取る事が出来ます。
企業によっては0配当もありますが、基本的に株主優待や配当金を
企業ごとに年1、2回設定されている場合がほとんどです。

FXの場合はスワップ金利(通貨間の金利差)を受取る事ができます。
円クロスの取引では日本の低金利が手伝ってほとんどの通貨でかなりの
高金利を毎日受取れます。

どちらも配当・金利を受取れますが、日本の上場株式全体での配当平均と
比較して考えればFXの方が現時点では有利かもしれません。
株式の場合は配当が確定する期日までの保有が条件ですし、
毎日配当されるFXはその点でも有利と言えるでしょう。

関連エントリー

FX初心者入門
為替の仕組み
FXの基本
FXのメリット
FXの取引を始める前に
FX業者の信頼性の判断
FX業者を選ぶポイント
FX何でもFAQ
FXライブ
固定スプレッドランキング
当サイト限定キャンペーン

当サイト経由でスター為替のくりっく365口座を開設して取引すると、1万円分の手数料キャッシュバッククーポン券が貰えます>>>>>詳細

タイアップキャンペーン
FX業者を比較
総合比較
信託保全・会社概要で比較
通貨ペア数・スプレッドで比較
入金・レバレッジを比較
各種サービスで比較
注文機能で比較
FX人気ランキング2009 FX総合力 人気No.1マネーパートナーズ 2位以下はこちら 初めてのFX 人気No.1 GMOクリック証券 2位以下はこちら金利重視取引 人気No.1セントラル短資FX 2位以下はこちらコスト重視取引 人気No.1DMM FX 2位以下はこちら くりっく365 人気No.1スター為替 2位以下はこちら
ワンコインFXトレード
確定申告
FX初心者入門
為替の仕組み
FXの基本
FXのメリット
FXの取引を始める前に
FX業者の信頼性の判断
FX業者を選ぶポイント
FX何でもFAQ
FX取引を学ぶ
ファンダメンタル分析
テクニカル分析
FXのリスク管理
FXの注文方法
万一に備える入出金
FX業者ランキング
初心者のFX口座ランキングBEST5
スワップ派FX口座ランキングBEST5
デイトレ派のFX口座ランキングBEST5
FX業者紹介
ひまわり証券
FXトレーディングシステムズ
外為どっとコム
FXプライム
フォーランドオンライン
TRADERS FX
GFT 東京支店
ヒロセ通商
外為ジャパン
セントラル短資FX
FXonline Japan
サイバーエージェントFX
マネーパートナーズ
マネックスFX
マネー・スクウェアジャパン
外為オンライン
EMCOM証券
DMM FX
GMOクリック証券
フォレックス・トレード
くりっく365取扱業者
スター為替
インヴァスト証券
小林洋行 FXメジャーズ
Copyright © 2008 FXの初心者向け入門講座. All rights reserved